2015年09月18日

2015年度 豊能地域リハビリテーション合同シンポジウムのお知らせ

2015年度 豊能地域リハビリテーション合同シンポジウム

日時:2015年11月8日、13:30〜16:00(受付開始 13:00)
場所:国立循環器病研究センター・図書館講堂

テーマ
「連携での薬剤管理にかかわる諸問題」

1、シンポジウム
(13:30〜14:50)
@「新規抗凝固薬と新規抗てんかん薬服薬に関する注意点」
  田中 智貴先生 (医師、国立循環器病研究センター脳神経内科)
A「地域連携での薬剤師が、在宅ケア時にできること」
  井上 祥宏先生(薬剤師、カリス薬局)
B「高齢者の在宅での薬剤管理
  〜高齢の夫が認知症の妻を支える在宅生活の現状について〜」
  平田 由佳先生(看護師、めぐみ訪問看護ステーション)
C「地域連携での薬剤をめぐる諸問題(在宅での高齢者薬剤管理の問題点)」
  藤田 泰彦先生(医師、藤田医院)

休憩 (14:50〜15:00)

2、講演会
(15:00〜15:30)
「高齢者における薬物治療の留意点〜高齢者糖尿病管理を中心に〜」
  杉本 研先生(大阪大学 老年・総合内科学 講師)

3、ディスカッション
(15:30〜16:00)


20151108.pdf

20151108fax.pdf








posted by 地域リハ支援センター at 18:57| Comment(0) | シンポジウムのお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]